影絵展
毎年この時期になると、銀座の教文館で藤城清治さんの影絵展が行われるのですが、今年も観に行ってみました。
藤城さんの影絵は宮沢賢治のお話のものも多いのですが、何故か「セロ弾きのゴーシュ」の作品はありませんでした。私たちがコンサートで御一緒させていただいている影絵劇団は、藤城さんの愛弟子さんが独立して舞台監督をやっていて、かなり昔から「ゴーシュ」を演目に取り入れているので、、藤城さんは遠慮されてるのかしら、、、なんて勝手に思っていたのですが、なんと今回の新作は「セロ弾きのゴーシュ」!!!  これは行かねば。

入口を入って、真っ先に「ゴーシュ」のもとへ。鏡と水で覆われ、本物のミニチュア水車が回っている、大きな「ゴーシュ」の作品がありました。ついに藤城さんのゴーシュが観ることが出来た!とゆう感激で、ずーっと作品の前で立ち尽くしてました。藤城さんのゴーシュは、結構気の強そうなゴーシュに見えました!!

教文館のショップで、こんな可愛いマグカップを発見!ペアで購入!!うわ~い。
P1000325.jpg


しかし、、なんだか急に寒くなりましたねー。11月のスケジュールをアップしました。一年って本当に早い。早すぎる!誰か止めてーー!!とゆうかんじです。
そうなのです、11月、なんとなんとなんと、あのジムホールのアランフェスにストリングスで参加させていただくことになりました!最初お話をいただいたときは鼻血が出るかと思いました。田辺氏は卒倒しそうになってました。しかも、ジェフ・キーザーまで一緒!!きゃーきゃー。
なので、最近またDSの英会話を復活させてます。しかし、相変わらず判定は「アルファベットが分かる程度です」と出ます(;_;)  田辺氏に話したら、「だって、日本語だってよく聴き間違えてるじゃん!」  そうです。私は天性の’そら耳’の持ち主なのです。
「I love your music!! I have many your CDs! Give me your Sygn,please!!!」と言って、持っているCDを差し出そうと練習しているのですが、、、、あってますかー、これで???



平山織絵(ひらやまおりえ)
未分類   4 0

サインは「sign」ですね。
2008/10/02 12:50 | | edit posted by hirata
あー、やっぱり、、なんか違う気がするなぁ、、と思ってました(>_<;)
2008/10/03 00:20 | | edit posted by 織絵
sign(サイン)と言うより、Autograph(オウトグラフ)と言った方がニコニコしてサインに応じてくれるかも。サインというと契約書のように真面目な筆跡で書くやつです。
という訳で芸能人やミュージシャンに書いてもらうときはAutographがいいかも。
追伸.
戸塚のJAZZレストラン「Gクレフ」がなくなっちゃったのは淋しいです。この店で織絵さんの弓カブリ(砂かぶりは相撲)を浴びたものです。
2008/10/06 20:39 | | edit posted by 富士山たろう
えー?!Gクレフなくなっちゃったんですか~??知らなかったです。。
Autograph、言ってみます!有り難うございます(^_^)
2008/10/06 22:36 | | edit posted by 織絵














 

http://oriehirayama.blog100.fc2.com/tb.php/327-a2143613