グレコ2Days!!
そして、伊藤志宏 3 cello variation 大塚グレコ2Daysも無事終了致しました!!
10346105_650952311657875_7452670979438202329_n.jpg
(お客様撮影の写真をお借りしました。)

演奏している側も聴いている側も隔たり無く真剣な時間、とても貴重な2日間でした。
今回、自分的に、何があっても自信の無い音は出さないようにしよう、と心に決めて2Daysに挑みました。間違っていても構わないから、気弱な音だけは止めようと。 そして、気持ちの持って行き方、テーマを決めました。誠心誠意。
2日とも全く違った演奏だったけれど、だからこそ2日とも来て下さるお客様がいらっしゃるのだと思う(^-^) 全身全霊で3チェロの音楽を聴いてくださった皆様、本当に有り難うございました!!!

今回、メンバーそれぞれに曲のことについて書くよう、リーダーからの指示が!!(笑) 私は自分メロディーの’東風吹かば’の担当とゆうことで、この曲の自分なりの感想を。
最初、’東風’は何と読むか、と聞かれ、ほんの冗談のつもりで「とんぷう〜」と言ったら、めちゃめちゃ反感を買いました(笑) (悲しきYMO世代。。。)  菅原道真の和歌からのタイトルだそうです。 私はごくごく単純に、厳しい冬が終わり、東風が春の訪れを知らせてくれたときの心情のようなものをイメージして演奏しておりますが、、、道真の和歌にはもっと切なる思いがこもっていたようですね。。 2Daysの1日目と2日目、全く違う曲順、正反対な位置にこの曲がきていて、特に2日目はこれをアンコールに、カタルシスをねらう、、とのことだったので、責任を重く受け止めました。 浄化かぁ。。 これは、強くしっかりとした気持ちでいないと出来ないなぁ。。。 とゆうことで、家で少しイメージトレーニングして行きました。もちろん娘のいない間に!!!(笑)    あ、曲の感想から逸れて来ました。
  
「東風ふかばにほひをこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」
道真公が亡くなった後怨霊と化してしまったのは、悲しく切ないこと。東風、幸せを運んで来る風であって欲しい。

平山織絵(ひらやまおりえ)
未分類   0 0















 

http://oriehirayama.blog100.fc2.com/tb.php/1060-5bc63214